社長ブログ

苦渋の決断

当ブログは、当社のHPからリンクするため、会社のことを考え業界のことを考えながら、言葉を慎重に選びながら続けてきました。そして、多くの方に建設業界の“今”を知っていただきたく続けてきました。なぜなら、建設業の素敵さを知っていただくためにです。
残念ですが、また建設業界の不祥事が発覚しました。
一つは、厚木市における建築構造物の生コンの強度不足問題です。もうすでに倒産した会社が施工したようですが、他の市でも受注実績があり調査を急いでいます。当時の社長は論客であまり人付き合いは良いほうではありませんでしたが、熱く建設業界の未来を議論したのを思い出します。倒産して、年月は経ってしまいましたが、どこかでこの責任を感じていることと思います。
そしてもう一つは、南足柄市の談合疑惑です。今嫌疑がかけられているS社長は、私の祖父が初代会長をつとめ父も会長をした、神奈川県森林土木建設業協会の会長です。
昨日、臨時の理事会が開催され対応を協議しました。これまでS社長は、私の父が会長のときから多岐に渡りご支援いただき、私自身もJCの先輩としてご指導いただきました。
また、協会の発展に対しても柔軟な発想で強いリーダーシップを発揮していただきました。残念です。報道されていることが真実なら、決して許されることはないし、その影響はS組だけには留まらず、建設業界全体に大きな影響を与えることでしょう。
理事会では、苦渋の決断で会長の任を解くことで決着しました。
残念です・・・。

Leave a comment