社長ブログ

明日へ・・

子供のころ、父や祖父に連れられ真冬の山奥の現場に連れて行かれた。屈強な男たちが、粉雪が舞う中、体中から湯気を上げながら、激流を相手に格闘をしていた。いったいここに何ができるのだろう?そんなことを幼心に思った。春になり、新芽が柔らかな日差しに照らされるころ、同じ場所を訪れると、そこには清々とした緩やかな流れの中、目立たずあくまでも自分の役割を静かに果たしている堰堤があった・・・。 いつからだろう、自分の中に物を創る喜びを忘れてしまったのは・・。
地元の協会で聞く悲鳴や全国の同業の友から聞く悩みが耳を離れない。まるで、建設産業界に携わる全ての人がラグビーのモールの中に存在し、方向も力も違うベクトルの中右往左往しているようだ。
 でも、考えてみるとこんなに楽しい時代はないかもしれない。国の考えや指導、エンドユーザーである市民の要望、国際社会の要求を踏まえ建設産業を見つめると、答えはいとも簡単に出てくる。そのためには、まずYAMAZZENがZEN-NETを通じ生まれ変らなければならない。明日のYAMAZZENにご期待ください。

Leave a comment